K-life カーターLabo

初心者専門のゴーカートコーチがあなたのサーキットデビューを強力にサポート!≪再入門にも最適≫

ゴーカート体験会 【 参加者の声② 】

こんにちは^^

K-lifeカーターLabo実行委員会のにっしーです!!

 

前回のアンケートの続きです! 

 

[アンケート3人目]------------------------------

■お名前
オガワさん

f:id:K-life:20170628121030j:plain

◼️お住まい

⇒千葉県


■職業
 ⇒契約社員

■年代
⇒40代

■ゴーカート体験会参加のきっかけ
⇒主催者に誘われて。

■参加してみて【得られたこと】【上手くいったこと】【気づいたこと】etc
⇒普段の運転では出来ない車の性能、自分の腕、両方とも限界を体験出来る事。

■この体験会は、どんな方々にオススメですか?
⇒車の性能を全て出して走ってみたい人。一般道では出来ないスピードでドリフトなどを含めて自由に走ってみたい人。
 上記の事をお金をあまりかけずに、手ぶらで参加できて、分からない点があったら何でも聞きながら直ぐに試せる場所です。

 

[アンケート4人目]------------------------------

■お名前
けーたさん

f:id:K-life:20170628121049j:plain

◼️お住まい

⇒東京都

■職業
⇒ドライバー

■年代
⇒30代

■ゴーカート体験会参加のきっかけ
⇒にっしーさんのお誘いで

■参加してみて【得られたこと】【上手くいったこと】【気づいたこと】etc
⇒気づいたこと:今後の課題「トラクション不足」

■この体験会は、どんな方々にオススメですか?
⇒初めての方の体験はもとより、経験者も発見があるので、誰にでもオススメできます。

 

  [ここまで]------------------------------

 

 オガワさん、けーたさん。貴重なご意見ありがとうございました。とても参考になりました♪♪

 

体感で「限界を感じる経験」って、

日常生活では、まずありませんよね~。少年少女の頃は当たり前なことなのに、大人になっていくと無意識的に全力をカラダの感覚として経験する機会自体が減ってきます。このゴーカート体験会であの頃のように無邪気に全力を楽しめたようでよかったです☆

 

次に 

※「トラクション不足」に気づけてよかったですね!

まず大事なことは「気づき」なのです。これも一歩前進なのでOK!ちょっとだけアドバイスするとトラクション不足を補う方法はいくつかあります。それは、アクセルの踏込む量を段階的に調整する練習をすること。

もうひとつの方法は、

頭文字D/妙義山でAE86 VS S14のレインバトルで拓海くんがインから抜きにかかりますよねwあのイメージでコース幅を意識した※ライン取りを意識してみることです!

www.youtube.com

「軽さ」というのは、凄い武器です。

武器を活かしきるところを起点にしてください☆

※トラクション・・・前へ進めるチカラのこと。

 ※ライン取り・・・コース幅6~8メートルを目の前にしたときに、通行する位置のこと。

 

PS

今回の体験会を始めの方から見たい方は、コチラからのぞいてみてください!

 

K-lifeカーターLabo実行委員会

主宰 にっしー